これこそが・・・「勾魂プロジェクト」!!

0

     

    私が「勾魂」を創り北木島企画のヨッシ―こと吉川寿人君と話している時に、「自分にもプロデュースさせてください!」と、言ってくれたのをきっかけに「勾魂プロジェクト」がスタートしました。

    そして、ヨッシ―が撮影とHPを作ってくれてチラシとカードを制作しました。

    昨年、「庵治ストーンフェア2017」と「関西エンディング産業展2017」に出展しました。

    本業のお墓とは別に、石をもっと身近に感じてもらい、お墓参りや御先祖様を尊ぶ心を取り戻し、暮らし自体を豊かに感じてもらうことを目指した”石の島・北木”発のプロジェクト!!

    (どちらの出展も好評で、予約を頂きかなり待ってもらい、順次創ってお届けさせて頂きました。)

     

    この度、勾玉プロジェクトを絵に描いたような…

    いや、プロジェクトそのものといったくらいのストーリーに巡り合い、力一杯魂を込めて創りお届けしました。

     

    本当に感動の場面に携わる事ができました。

     

    主人公のS君「おじちゃん、勾魂創って欲しいんですけど…勾魂、家の墓と同じ石でできますか?」

    私      「S君の家の墓は何の石だったかなぁ〜?墓地に行って確認するね・・・」

    主人公のS君「おばあちゃんにプレゼントしたいんです。」

           「おばあちゃん、墓参りに行きたい、行きたいと言っていたので…」

           「お墓と同じ石だとすごく喜ぶと思うのでお願いします。」

    私      「よし、わかった!墓に行って石を確認して、精一杯心を込めて願を込めて創るよ!!」

     

    それから数日、いや数ヶ月はたったかな…

    雄樹も巧太も彼とは幼な友達です。彼の弟と雄樹は同級生で、彼も弟も我家の兄弟も幼い頃は地元で少年ソフトボールチームの主力選手でチームメイトでした。

    今から数年も前、同じ業界で同じ職業を家業として北木島で生活していた両親やおばあちゃんでした。

    彼の家族も石材業界の不況のあおりを受けた会社でした。ある日、突然会社を閉めて家族みんな引っ越して行きました。

    色々と事情は有ったと思いますが、子供の彼らには何も関係の無い事なので、私達は彼とはその後も何度か会いました。

    彼の仕事が車関係だったのでその面では時々お世話になっていました。

    (もちろん彼の成績UPにつながればと思っていましたが、逆に彼に特別に良くサービスしてもらい気の毒な思いでした)

     

    この度、雄樹がまた車検の件でお世話になるので、彼に会うらしく「勾魂」を届けてもらおうかと思いたちました。

    そこで、完成したての大島石の「勾魂」を持って彼の家のお墓にお参りして報告をしました。

     

    「すばらしい、やさしいお孫さんですね、子孫ですね」と…心の底からそう思いました。

     

    弊社も同じく厳しい業界の中、苦しい日々が現状です。その中、家族で頑張ってはいるものの、いつ会社を続けられなくなるのか分かりません。それでもこの北木島には残りたいです。家族で暮らしたい気持ちでいっぱいです。多分彼らも同じだったと思います。私は彼に会うたび、島に遊びに帰っておいで、墓参りに帰っておいで、お盆に帰っておいで、祭りに帰っておいで…と言ってました。

     

    そんなある日

    「おじちゃん、墓参りに来たのでおじちゃんの好きなビール持って来たよ!」

    「今日は弟家族と一緒に来たよ!」(2家族の大人数の顔を見せてくれました)

     

    二回目の北木島の我家を訪ねてくれた時でした。

    一回目は、私は留守で息子達とは会ってましたが、私にはおみやげのビールを置いて帰ってました。

    早く気兼ねなく北木島の幼なじみと一緒に顔を合わせ昔話に花を咲かせ、飲み明かし、神輿をかき、ふるさとの思い出を満喫してもらえる日が来るのを願っていました。

    こんなやさしい彼のおばあさんへの思いを形にあらわし、おばあちゃんのお墓参りをしたいという気持ちに応えられる日が来たことに感謝しています。

     

    大島石の「勾魂」を大島石のお墓の前にお供えし、いきさつをご報告しました。写真を彼のラインに何枚も送りました。

     

     

    雄樹は彼から花代を預かり当家とその日が親戚の法事だったので、そちらのお墓へも・・・

    S君の母親のお母さん、彼からは祖母にあたる人の法事でした。彼の家族と一緒に北木をはなれていました。

    亡くなられた事も私は知らなかったのですが、事情があっておばあちゃんの法事にも参列できなかったのかと思うと・・・

     

     

    これから先も、故郷北木島へちょくちょく帰ってきて欲しいです。

    そんな願いも込めて創りました。

     

    願いをかなえて・・・勾魂よ!!

     

     

                                           栄龍石材(有)一同  

           


    このエントリーをはてなブックマークに追加  



    コメント
    コメントする








       

    >>カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    >>栄龍石材だより

    >>カテゴリ

    >>月別アーカイブ

    >>recent comment

    • ふるさとチョイス笠岡市!!
      栄龍石材(有)
    • ふるさとチョイス笠岡市!!
      守屋 百合子
    • 今を生きる小さな加工屋の現状と『希望の光!!』
      井原 辰晃
    • 桃花ちゃん、ピカピカの1年生!!
      寺尾節子
    • 北木島へ帰省。。。(//▽//)♪
      yukino
    • 「アンケート」を回収しました!!
      Mr.MIGAKI
    • 「お墓100年プロジェクト」in北木島!!
      米田龍治
    • 「お墓100年プロジェクト」in北木島!!
      MR.MIGAKI
    • 「大雅」 1歳 祝う餅つき大会!!その
      米田龍治
    • 「大雅」 1歳 祝う餅つき大会!!その
      貴村真夕子

    >>栄龍石材だよりの中から探す

    >>MOBILE

    qrcode

    >>RSSフィード